お散歩バイクHONDA CT125ハンターカブを購入した訳 Part1

カブGのひとりごと

バイクと言うよりも自転車に近い感覚のお散歩バイクが欲しかったんです。

バイク乗りの友人、知人たちは揃いもそろって皆大排気量バイク乗りばかり。自分もBMWのボクサーエンジンが醸し出すフィーリングと、縦置き水平対向エンジンとテレレバー+シャフトドライブでなきゃ得られないハンドリングに魅せられていましたし、いまも忘れられません。でも、もうすぐ還暦を迎える自分の年齢だと何もかもオーバースペックなんです。過ぎたるは及ばざるがごとしって言いますよね…。で、出来れば車検の無い250ccクラス以下の排気量で、気軽に乗り降りできる軽量なバイクが欲しいなぁ…と考えました。頭の中にあったイメージは、以前乗ってたYAMAHAのトリッカーです。トリッカーはかつて自分が乗ったどんなバイクよりも軽くて、自分で漕がない自転車みたいな感じでゆっくり走っていても楽しいバイクでした。なので最初に考えたのは再びトリッカーを中古で手に入れることです。グーバイクで探してみると意外と高価い…一部の旧車ほどではないにしても、コンディションの良い個体は結構なお値段です。そこまでして一度乗ったことのあるバイクに中古でまた乗るのもなぁ…と。それにトリッカーには看過できない欠点もありました。圧倒的に少なすぎるタンク容量です。あのスリムな車体と軽快なハンドリングを実現するためにデザイン上仕方ないこととは言え、ツーリングに出るたびにあともう少し容量あったらなぁと思う事しばしでした。かと言って同型エンジンを搭載するセロー250を選択すると、タンク容量には余裕が出るもののトリッカーの軽快さは失われお散歩バイクではなくなってしまうんです。

トリッカーもう一度買うならコッチでもいいかと思えるリエフのタンゴ125…他に乗ってる人なかなか見ないって言うのは大きな魅力です。F.キャリパーがラジアルマウントなところとかイイ感じです。でも壊れた時のパーツ手配や購入した後カスタマイズを楽しむにはパーツが無さすぎること等を考えると所詮ゆめのお話です。

ところで自分の考える”お散歩バイク”ってどう言うものか説明すると、簡単に立ち止まることができるバイクです。目的地なんて決めなくて良くて、ただ心の赴くままにバイクを走らせる。目的地がそもそもないから道に迷うこともありません。でも、交差点や分岐路、そして気になるお店や綺麗な景色に出会った時、そのまま通り過ぎてしまうのではなく、そこですぐに止まることができるバイクです。バイクを走らせてるのは自分の意思ですから、止まろうと思ったらいつでも止まれますよね。でも自分の場合、大排気量バイクではダメなんです、それができないしできなかった。どちらかと言うと止まることなく走り続けられるのが大排気量バイクのメリットで最大の魅力でもありました。いつまでも止まらずに走り続けて居たい…と言う気持ちを具現化してくれるのが大排気量バイクだったのです。でもいま求めてるのはその対極に位置するもので、いつでもどこでも気軽に立ち止まれる…そう言うバイクなんです。

その一方で九州や北海道へ遠距離ツーリングへ行ってみたい気持ちもいまさらながらフツフツと湧いて来ています。それを考えるとHONDA CRF250ラリーやSUZUKIのV-ストローム250SXも非常に良いモデルです。スタイリングもカッコいいですし燃費も良さそう。でも、どちらもお散歩バイクじゃない、ツーリングバイク、旅バイクなんです。お散歩と旅のどちらを優先かを自分で決めなければなりません。目の前に綺麗な女神さまが現れて「あなたが欲しいのはお散歩バイクなの?それとも旅バイクなの?」と聞いてくれて、選んだ方をくれるなら最高です。でも現実には手元にあるなけなしの原資を元に、コストを投下して手に入れるのですから後悔したくはありません。やっぱり自分の欲しいのは”お散歩バイク”で”旅バイク”じゃない、それに”お散歩バイク”は”旅バイク”にもなれるけど、”旅バイク”は”お散歩バイク”には成れないんです。あくまで自分の価値観での話ですが…。ちょうどその頃SNSで知り合った人がクロスカブでのんびり北海道ツーリングをしてたんです。そして北海道の美しい景色やグルメを紹介してくれるのを読みながら、むしろお散歩バイクでいろんなところに立ち寄り立ち止まりながらの長距離ツーリングも、とても魅力的に思えて来ました。

サラリーマン生活をしてると、”限られた休日”と言う時間的制約があります。ですから北海道や九州を目指そうとすると、どうしてもスケジュールに縛られます。特に自分のように初老の場合、ついつい楽なバイクで楽な長距離ツーリングを目指してしまいます。必然的に大排気量バイクを選択してしまいがちです。自分もそんな価値観に完全に、そしてずっと捕らわれていました。ですが近頃ようやく、若い頃に比較すると、自由な時間が多くとれるようになって来ました。また、そう言う生活を目指して田舎へ移住した…と言うのもあります。いまでは日常生活で渋滞に巻き込まれることが全く無くなりました。このことひとつとっても、移住して本当に良かったと思ってます。様々な意味で時間に縛られたり、時間を浪費したりすることが減って来たように思うのです。そうすると時間だけではなくて、心にも余裕が生まれて来ます。いままでみたいに友人たちの大排気量バイクに見合うバイクを選んだり、彼らとのツーリングペースに合わせたり、そもそも無理して一緒にツーリングに行く必要も感じなくなりました。一人で、マイペースでいいんだ…と。

すみません、少し話が逸れました。そう言う心持ちになると大排気量縛りから解放されて自由にバイクの排気量を選べるようになりました。で…早速、SNSで魅了されたクロスカブやハンターカブ、スーパーカブC125やグロム、モンキー125、ダックス125等を比較検討し始めました。いずれもお散歩バイク足り得る車体構成や車重、ハンドリングを備えていそう(試乗した訳では無いので)なのと、このクラスであればクルマの任意保険でカバー可能なのも経費節約面からいいなと考えました。

スタイリング的にはクロスカブが好みでした。でもグロムとモンキー125に捨てがたい良さを感じたのは、いずれも5速MTを装備しているから…。だけどグロムとモンキー125は小径ホイールモデルです。もともとバイク走らせるの上手くない上に、歳とって視力や体力他もろもろ衰えて来ています。なので、軽快感を得られる小径ホイール車より安定感優先で大径ホイールモデル方がいまの自分にとっては安全そうです。さらに住んでるところが山道ばかりでアップダウンと未舗装路が多いので、最もオフロードの走破性が良さげなハンターカブも魅力的です。さらにけっこうな登り勾配に出くわすことも多いので、エンジンは少しでもパワーに余裕があり、トルクフルな125の方が良さげです。

自分の理想を言えばクロスカブの外観にハンターカブのアップマフラーと125エンジンを搭載し、ミッションはグロムの5速MTだったら即買いです。最近、メーカーサイトで純正カスタマイズパーツを使って自分仕様のクルマを仕上げられる着せ替えサイト(コンフィギュレーター)みたいなのあります。そんな感じでバイクも最初から好きな組み合わせや構成、カスタマイズがもっと幅広くできたらいいのになぁ…って思います。そしたらボディカラーは白かグレーで…とかいろいろできて楽しいのに。

そう言えば最近2024年モデルにイエローのボディカラーも追加されたみたいですよね、ハンターカブ。下の写真は2022年11月にHONDAウェルカムプラザで見かけたダブルドリブンスプロケットが目立つHUNTER CUB C105Hの1963年モデル。各部の造詣が繊細でなんとも美しいですよね。こう言うモデルを目にするとこの初代モデルをリスペクトしてシリンダーのみブラック塗装しようかな…みたいなカスタム心が刺激されます。わかる人だけが見た時に”おおっ”てなるみたいな。

【絶版名車解説】ホンダ「ハンターカブ C105H」1963年|初代ハンターカブはフロントフェンダーなし、ドリブンスプロケは2枚 - webオートバイ
ホンダ「ハンターカブ C105H」の特徴 Honda HUNTER CUB C105H 1963年 海外モデル C100ベースのオフローダー 未舗装路での走行を踏まえ、フロントフェンダーやカブシリーズのアイデンティティでもあるレッグシールド...
【速報】2024年新型CT125ハンターカブはイエローが12月14日に国内発売!? 初代C105Hの再来か | Webikeプラス
ホンダがタイでCT125ハンターカブの新色を発表した。CT125としては初となるイエローで、1960年代のカラーリングのオマージュとされる。国内では12月14日に44万円で発売されるだろう。 タイではイエローサングローが新登場、日本でもイエ

いっつも思う事なんだけど、こう言う後出しジャンケンみたいな商売ヤメテ欲しいよね。もともとオリジナルにあったボディカラーで、たぶんハンターカブはこの色って言うのを待ってた人もいると思うんです。でもハンターカブファンの多くは発表された途端に飛びついて買っちゃってる。だからこのカラーが欲しいと思ったら買い替えるか外装一式新たに揃えるか、オールペンするしかない。最初から6色くらいラインナップしてオリジナルで存在してたカラーも選べるようにしてくれたらいいのに。それくらい頑張っていただきたいですよ、天下のHONDAさんなんですから…。

またまた話が逸れてしまいました。すみません。でね、さっき上げたホンダの125ccクラスの8台はもう本当に甲乙つけがたい魅力的なモデルばかりで、とても屋根付き広いガレージと懐が豊かだったら8モデル全て手に入れて並べておきたいくらい。でも、そんなの現実的には無理だから、いまの住環境や道路状況、使い方にもっともぴったり来るのは、CT125ハンターカブなのかなぁ…と。で、JA55とJA65のどっちがいいのかととか、ボディカラーは何色がいいのかとかまじめに検討を始めた訳です。ただ、大排気量ばかり乗り継いで来た自分には、あまりにこのクラスに関する知識が無さすぎなので、素直にプロの力を借り、アドバイスしてもらうことにしたのです。「来春(2024年春のこと)くらいまでにハンターカブ買おうかと思ってるんですが…」と。まさかそれが思わぬ波紋を呼び、たった3日間のみのJA55オーナーとなるとは思いもしませんでした。

長くなって来たのでPart2に続きます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました